「自衛隊」 一覧

自衛隊の安全確保

   はじめに 陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターが5日夕、同県神埼市千代田町の住宅に墜落しました。 高山啓希1等陸曹(26)は死亡が確認され、斉藤謙一2等陸佐 ...

元・救難パイロットが話す「災害派遣の鉄則」

   はじめに 今回の災害に関し被害を遭われたすべての方のお見舞いを申し上げます。 現在、雪の影響により自衛隊に災害派遣が要請され隊員各位の皆様と地方自治体の皆様、警察・消防をはじめとする関係団体等が ...

日本国民を守る「防人」 〜自衛官の使命〜

  自衛官の殉職に思う 現在、日本を取り巻く環境は激変し、日々緊迫した時間を「自衛官」をはじめ「海上保安庁」「警察」「消防」等の職員については、本当に頭の下がる思いであります。 その能力については、「 ...

緊急着陸が悪いのか!?

  米軍の最近の緊急着陸 1月6日 UH1 うるま市海岸 1月9日 AH1 読谷村廃棄物処分場 23日午後8時ごろ、沖縄県渡名喜村・渡名喜島の村営ヘリポートで米軍の普天間飛行場(同県宜野湾市)所属のA ...

日本は北朝鮮だけが脅威なのか

  北朝鮮の行動 現在のところ北朝鮮を巡る様々な動きが報道されております。国連をおいて、新たなる制裁決議がなされました。(出典:産経新聞 ここをクリック) 記事にある通り、新たなる制裁決議がどれほどの ...

平和ボケより、ボケ(oogesa)と言われていいから万全な準備を

北朝鮮の行動 記事を書くタイミングを失してしまったが、現在も報道に熱があるのが北朝鮮問題です。 平成29年8月29日に北海道・襟裳岬上空を通過した後、6時12分ごろ、襟裳岬東方約1180キロメートルの ...

県外出身・元航空自衛官・選挙違反なしで奮闘記 〜その5〜

  自衛官である壁 様々な災害派遣の出動を得た経験で、災害に対する知識や自然の強さに対して人間の無力さを知った。 それらの経験から 自衛官は、災害を受けた被災民しか助けられない 災害が発生しない状態で ...

県外出身・元航空自衛官・選挙違反なしで奮闘記 〜その4〜

CH-47機長昇格と那覇勤務への転勤命令 春日基地に転勤し、CH-47Jとしての任務のやり方、そして空輸として対外調整などを学び、周囲のご尽力を賜りながら訓練と空輸任務を実施した。 同じ回転翼でも任務 ...

県外出身・元航空自衛官・選挙違反なしで奮闘記 〜その3〜

  組織化される救援活動 宿舎で仮眠を取った後、再び出勤をする。 被害の状況は刻一刻と入ってくる。定期整備していた救難団が保有する 救難ヘリコプター(UH-60J) 捜索機(U-125A) 輸送ヘリコ ...

県外出身・元航空自衛官・選挙違反なしで奮闘記 〜その2〜

2017/07/18   -自衛隊, 防災活動

訓練終了後の指揮所 コールオフ(基地へ帰投命令)をかけられ、陸上部を入念に偵察しながら、基地へ辿り着いた。 上空からは被害状況等把握できなかったため、どれほどの地震か見当もつかずランプ地区(機体を駐機 ...

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.