「外交」 一覧

日本のタンカーに砲撃・・・自衛隊海賊対処開始から10年

はじめに イラン沖のホルムズ海峡近くで13日朝(日本時間同日昼)、東京都内の海運会社「国華産業」が運航するタンカーと台湾の石油大手、台湾中油のタンカーが攻撃を受けました。 自衛隊については、海賊対処が ...

「遼寧」、沖縄本島と宮古島の間通過・尖閣・韓国問題・・・現場は寡黙にやるべきことをやる

はじめに 外交に関する問題がたくさん出てきます。 何事があっても「やるべきことはやる」自衛官の気持ち! 隊員の気持ちを大事にしないと隊員は活動をするのでしょうが、うまくいかないです。 尖閣の話、韓国の ...

デニー知事の「一帯一路」という中国の禁断の果実

はじめに 少し前の話になりますが、玉城沖縄県知事が「一帯一路」に関する発表を行いました。県のホームページでは記者会見の内容がアップされていないために、報道資料を活用しました。「一帯一路」について少し書 ...

沖縄にたなびく旭日旗と日章旗!沖縄から民間船舶の安全航行を守る海賊対処!

はじめに 那覇市に所在する海上自衛隊 第5航空群 から派遣されていた「第34次派遣海賊対処行動航空隊要員」が帰国されましたので、帰国行事に参加してきました。出迎えの隊員家族を含め多くの日章旗と旭日旗が ...

「拉致問題を考える国民の集いin沖縄」ご報告と拉致問題を考える議員仲間!!

はじめに  平成31年3月24日(日)、沖縄県青年会館(2階大ホール)において、政府拉致問題対策本部、沖縄県、那覇市の共催により、「拉致問題を考える国民の集いin沖縄」を開催し、約250人の方々にご参 ...

念願の「拉致問題を考える国民の集いin沖縄」開催!多くのご参加を!

はじめに 平成31年3月24日(日)13:30~15:30に沖縄県青年会館 大ホール(那覇市久米)で「拉致問題を考える国民の集いin沖縄」が開催されます。やっとここまでたどり着きました。これまでの拉致 ...

最低でも県外ができるのか!・その時を振り返る

はじめに 「最低でも県外」そのキーフレーズで、選挙戦を戦い総理となった鳩山氏。その後の余波で、県民投票も行い、そして終えて、これからどうなる!?というときに当時の新聞などを見ながら思いまだしましたので ...

海自観艦式、韓国を招待せず。毅然とした対応を

はじめに 複数の政府関係者が24日、「海自観艦式、韓国を招待せず。」ということを明らかにしました。また、ADMMプラス拡大ASEAN国防相会議の下の専門家会合による海洋安全保障の訓練についても釜山港へ ...

元共産党員 篠原常一郎氏主体思想を語る

はじめに 先日、元共産党を除籍された篠原常一郎氏を特別講師としてお迎えして市政報告会を行いました。えっ!?共産党と驚かれると思いますが、驚愕的なお話もありましたのでご紹介します。 篠原常一郎氏 「昭和 ...

県民投票で賛成に「〇」をつけた理由

はじめに 県民投票が進む中、どこか「県民投票自体」が目的となっているような気がします。 辺野古の移設について「沖縄に米軍が必要な理由・抑止力」について議論が展開されず、「なぜ、沖縄に米軍が必要か」とい ...

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.