まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

北朝鮮 政治活動 沖縄県 那覇市問題

拉致被害者奪還!それぞれにできること

更新日:

政府拉致問題対策本部主催 拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い ー奪還ー」をみて

「拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い ー奪還ー」」が先日、宜野湾市民会館で上演され見に行きました。

この演劇については、政府拉致問題対策本部が主催しており、拉致問題啓発のためのものです。

拉致被害者につきましては、平成14年に5名の方が帰国されましたが、それ以降は国民の目に見えて解決への進展というものは見えていません。

私たちがそれぞれの立場でどうするべきなのか、何ができるのかについて「拉致問題の基礎的なもの」を書きつつ、その辺りに触れたいと思います。

北朝鮮による拉致問題とは

概要

1970年頃から80年頃にかけて、北朝鮮による日本人拉致が多発しました。現在、17名が政府によって拉致被害者として認定されています。

平成14年9月に北朝鮮は日本人拉致を認め、同年10月に5人の被害者が帰国しましたが、他の被害者については、未だ北朝鮮から納得のいく説明はありません。

拉致問題に関する北朝鮮側の主張には多くの問題点があることから、日本政府としてはこうした主張を受け入れることはできません。

拉致問題は、我が国の国家主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、この問題の解決なくして日朝の国交正常化はあり得ません。

日本政府は、すべての拉致被害者の一日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を尽くします。

拉致問題対策本部

政府認定17名

政府認定者とは、政府に北朝鮮に拉致された者に間違いないと認定を受けた人です。
日本政府が拉致被害者として認定している17名に係る事案の概要は次のとおり(カッコ内は当時の年齢と失踪場所)。

北朝鮮による拉致の可能性を排除できない事案(特定失踪者)

政府は、「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」(以下「支援法」という。)第2条の規定により北朝鮮当局によって拉致された日本国民として認定された人以外にも、北朝鮮によって拉致された可能性を排除できない人が存在しているとの認識の下、関係省庁・関係機関が緊密に連携を図りつつ、国内外からの情報収集や関連する調査・捜査を強力に推し進めるなど、全力で真相究明に努めています。

その結果、北朝鮮当局による拉致行為があったと確認された場合には、速やかに、支援法に定める被害者として認定することとしています。

「特定失踪者」とは北朝鮮による拉致の可能性を排除できない失踪者を指す言葉です。

現在日本政府が認定している拉致被害者は17名に過ぎませんが、実際はそれより遙かに多くの人が拉致されています。

特定失踪者問題調査会はその特定失踪者について調査し、救出を目指す民間団体です。

↓↓詳しくは下の画像をクリック

沖縄県内における特定失踪者


沖縄県は、人口比では石川県に次いで全国で2番目に特定失踪者が多い。

実はこのことを沖縄県民自身が知らない人が多いです。

12月の定例議会で、私がした「一般質問」の一部であまります。

平成29年(2017年)12月定例会一般質問

◆大山孝夫 議員
 まず1番目、12月10日から16日までの間、北朝鮮人権侵害問題啓発週間となりますが、その中で北朝鮮拉致問題について質問をさせていただきます。
 (1)那覇市における平成29年度北朝鮮人権侵害問題啓発週間の活動の内容について。
 そして
(2)那覇市立小中学校における北朝鮮拉致問題に関する教育の実施の有無と実施の内容について。

◎徳盛仁 市民文化部長 
大山孝夫議員の一般質問の1番目の(1)那覇市における平成29年度北朝鮮人権侵害問題啓発週間の活動の内容についてお答えいたします。
 北朝鮮による拉致問題は重大な人権侵害であり、我が国の主権及び国民の生命と安全にかかわる重大な問題であると認識しております。
 毎年12月10日から16日までの期間は、北朝鮮人権侵害問題啓発週間と定められております。本市では、沖縄県との共催によるポスター及びパネル掲示による啓発活動を、本庁1階ロビーにおいて12月11日、本日から15日までの間、開催しております。


 また、拉致問題や特定失踪者、行方不明者の情報に関する市民からの問い合わせや情報に関しましては、市ホームページから沖縄県警ホームページの当該サイトへリンクできるようにしております。(県警HP
 沖縄県警の広報によりますと、拉致の可能性を排除できない事案に係る県関係者とみられる方が26人、そのうち失踪当時那覇市に住所があったとみられる方が5人となっております。
 地方公共団体の責務は、「国と連携を図りつつ、拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民世論の啓発を図るよう努める」とされておりますので、本市といたしましても、関係機関と連携し、拉致問題等の人権侵害問題解決に向けた各種啓発活動に取り組んでまいります。

◎黒木義成 教育委員会学校教育部長 
 大山孝夫議員の一般質問の1番目の(2)那覇市立小中学校における北朝鮮拉致問題に関する教育実績の有無と実施内容についてお答えいたします。
 北朝鮮拉致問題に関して、小学校におきましては特に教科書では取り上げておりませんが、中学校では、社会科、公民の授業で、主権国家や国際法についての学習の中で国際的に人権を保障する内容を取り扱っております。
 また、小中学校の中には、政府拉致問題対策本部において作成されました日本人拉致問題啓発アニメDVD「めぐみ」を授業の中で活用した学校もあります。
 11月下旬に法務省より配布されました北朝鮮人権侵害問題啓発週間に関するポスターにつきましては、市内全小中学校に配付いたしまして、掲示板に掲示するなどして、北朝鮮拉致問題への啓発活動を行っております。


映像のダウンロードは(ここから

◆大山孝夫 議員 
 それでは再質問させていただきますけれども、先ほど関係法令の中で、自治体については啓発を図るように努めるものとするということであります。
 しかしながら、各種市のイベントについてはわかりましたけども、ご存じのようにこのようにブルーリボンバッジ、拉致被害者を奪還するというようなバッジがある中で、議員の一部には人権問題に対する意識の高い人は一部つけている方はいらっしゃいますけども、市当局の方については、誰一人ついてないといったところがあります。
 せめてこの12月定例会だけでも、私は城間市長は人権に関する問題については非常に強く取り組んでおり、レインボーなは宣言等をしているということで、那覇市については人権に関する問題を積極的に取り組む都市だと思っておりましたが、今回のこの人権問題については、人権問題というか北朝鮮によるほぼ犯罪と言っていい行為だと思いますけども、市当局の方についてブルーリボンバッジをつけていないと。できれば窓口に接する全職員に対してもつけていただきたいのですけども、500円から1,000円ぐらいの実質的自己負担があるので、なかなかつけろという指示については難しいと思います。
 しかしながら、ここにいる市長以下、部長職員もしくはここにいない係長以上でも、ぜひともつけて、那覇市としてこの問題に取り組んでいるんだという姿勢を見せていただきたいと思いますけども、市当局の見解をお願いします。

◎徳盛仁 市民文化部長 
 ただいまのご提言については、やはりブルーリボンというのはいろいろホームページ等を見ると、結構啓発活動には有効かなと思っておりますので、関係部署と調整しながら、そういうリボンをつけられるかどうか検討してまいりたいと思います。

◆大山孝夫 議員 
 わかりました。ぜひとも、これはテレビの放映もあることですし、インターネットでも配信されています。
 そこで市長みずから、以下執行部の方々がつけることが非常に大きな意義をなすと思いますので、これを市民が見ていますので、ぜひとも検討の結果、せめてこの12月定例会中については早急に準備をして、各部長級以上はつけていただきたいと強く要望をいたします。
 そして、次の小中学校における教育の実施の有無でございますけども、実際今「めぐみ」のビデオを配付したとありますけども、具体的な放映状況等わかれば教えてください。

◎黒木義成 教育委員会学校教育部長 
 再質問にお答えいたします。
 暫定的な数値ではございますが、これまで小学校36校中5校、中学校は分校も含めての数値でございますが、18校中6校が道徳と社会の時間におきまして、DVD「めぐみ」を活用した授業を実施しております。以上でございます。

◆大山孝夫 議員 
 実績については余り多いとは言えない数ですけども、ぜひとも今後もこういうような活動については積極的に行ってもらって、特に先ほど答弁ありましたように、那覇市に住所があったとみられる方については5人ということを9月の代表質問でも得られておりますので、ぜひとも那覇市の問題だと、ここから発生している案件もあるといったところを生徒にも伝えることで、人権に対する問題の啓発になると思いますので、ぜひともこれについては積極的にやっていただきたいと思います。

那覇市議会HP(クッリクで動画のページへ)

なんというか、市として積極的に活動しているとは言えない状況です。

今後も、指摘をしながら市も動いてもらうように議会から訴えていきたいと思います。

政府拉致問題対策本部主催 拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い ー奪還ー」の開催

そんな沖縄県でも宜野湾市については、積極的に拉致問題に取り組んでいる市であります。

佐喜眞淳宜野湾市長!とても気さくで、誰の話にも耳を傾けてくれる市長です!

呉屋等市議会議員!佐喜眞淳市長が「今回の上演にこぎ着けたのは、呉屋議員が頑張ったからだ!」と強く語ってました。

物腰の柔らかい日本男児!

と、いうことで鑑賞させてもらいました。

感想につきましては、不適切な表現かもしれませんが「非常に一つの演劇として迫力があって凄い!」という感じです。

当然のことながら、そのメッセージ性というものは強く、客席は大粒の涙を流す方がたくさんいらっしゃいました。

拉致問題に対してこれまで関心の薄い方にはとっては、リアルな感じで拉致被害の問題を捉えた時に大きな悲しみが覆ってきたのだと思います。

終劇の時には客席から「頑張れよ〜!」「必ず、全員奪還するぞ!」と声が響き、演者の方々も感極まっているような感じに見えました。



上演終了後に(右:原田大二郎(横田滋 役)  左:野伏翔監督)

政府拉致問題対策本部主催 拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い ー奪還ー」につきましては、今年度の上演はこの宜野湾で終わってしまいましたが、来年度以降も実施してもらるようになってもらいたいです。


拉致問題啓発舞台劇公演「めぐみへの誓い ー奪還ー」
  上演:劇団夜想会
  出演:原田大二郎(横田滋 役)
     石村とも子(横田早紀江 役)
     森本優里(横田めぐみ 役)
     山崎尚子(田口八重子 役) 他
詳しくは、画像をクリックしてください。

ミニコンサート「空と海の向こう」シンガーソングライター:山口采希

これまでにも沖縄でもキャラバンを行ってくれた「山口采希」さんが、「空と海の向こう」を披露してくれました!

心が熱くなりますね!

フェイスブックで見たのですが、鼓膜が敗れたみたいで・・・・・・

早く治りますように!

是非とも応援をしていただきたいと思います!

ちなみに個人的には、こっちの歌も好きです!


↑↑オフィシャルブログ↑↑

私たちにできること

それぞれの対場でできることは違います。

しかしながら、共通してできることもあります。

今回の自分の選挙において「ブルーリボンバッチ」をつけて選挙活動をしていた際に、「ブルーリボンバッチ」の存在を初めて知る人にもあいました。

私の中では、国民のうち社会人のほとんどが、知っている事柄だと思っていましたが、そうではなかったと思い知らされました。

このような環境であれば、地方議員としては議会を通じて「もっと広報活動を実施すること」「日本国政府等に拉致問題解決のために動いてくれ」と要請することもできます。

署名活動と異なるのは「市町村議会」が意見書を採択すれば、ある程度の「市町村民全体の合意」という形で政府も受理をしてもらいます。








と、このように様々な動きを水面下でして、調整をしたりするのも仕事です。

私は、文才がないので「他人(先輩)のふんどし」を借りて投稿してます。

目的は「文句を言う」ことでも「ブログを書く」ことでもなく、実際に行政を動かし結果的に「広報活動」が強化され、自分の市町村民の「拉致問題」の意識が上がることが目的になります。

みんなでどう進むのか

議会のシステムの中に、陳情というものがあります。

「(ご自身のお住いの市長村の名前)議会  陳情」と検索してもらうと、陳情の出し方がわかります。

(例)「那覇市議会  陳情」で検索して出てきた那覇市議会のホームページ

このようなものを参考に、議会事務局に出していただいて見てもらうと議会を動かすことになるかもしれません。

もっと簡単な方法は、議員に「陳情を出したい!」と伝えることです。議員であれば、陳情作成の手伝いをしたことあるはずなので(議員歴半年の私でも4件ほどあります。)、色々とアドバイスをしてくれると思います。

選挙については、重要です。選挙が終わったら、早速市民のために働いてもらいましょう!いや、市民の皆様が議員を動かすのです!

その議員が議会を動かす!議会が地方行政を動かす!地方行政が政府を動かす!政府が拉致問題を解決する!

その、起点は市民の皆さまです。

最後に

実は「ブルーリボンバッチ」を外そうかと思った時期もありました。

ブルーリボンバッチを付けていて、何も解決できていないじゃないか!」とお叱りの言葉をいただいたからです。

そのかたは「パフオーマンスなら外せ」とも仰ってましたが、私はバッチを付けることにしました。

確かに私が北朝鮮と交渉する能力もないですし、拉致問題の直接解決することはできません。

また、いくら自民党の議員といえど、閣僚級、ましてや総理大臣、拉致問題担当大臣を知るはずもありません。

しかしながら、選挙期間中に「そのバッチ何?安倍総理と同じ?」と質問されて、ブルーリボンバッチの説明をして「わかった!バッチの意味教えてくれてありがとうね!」と言ってくれたことでも意味があるのではないかと思います。

私が、拉致問題を解決はできません!

だけど国民の全員の問題として、より一層取り扱われるように頑張ることはできます!

バッチを付けることが目的ではない!

署名を集めることが目的ではない!

全小学校でアニメ「めぐみ」を放映することが目的ではない!

状況が進まない政府を批判することが目的ではない!

必ず連れ返す!
自分の家族を連れ返す!

もし、奥さんだったら
もし、自分の子供だったら
もし、親友だったら
もし、最愛の人だったら

国民全員がそう思えるような環境作りに頑張っていきます

北朝鮮の問題は、国交がなく非常に細いパイプを使いながら、交渉をしていることだと思います。

オリンピック明け以降に北朝鮮の動き次第では、より朝鮮半島が危険な状態になる可能性があります。(私は、その前提は北朝鮮の地下核実験であると思っています)

在韓の在外邦人救出については、様々な想定のもと訓練をしてきていると思います。

ここでは長くなるので触れませんが、北朝鮮にる拉致被害者の方々をどう救出するかは、考えなければならないと思います。

米国大統領が国連において北朝鮮について言及し、イヴァンカ大統領補佐官もブルーリボンバッチを付けてくれたので、何らかの措置を講じてくれるものと信じております。(そもそも外交の状況、救出作戦の内容は後から知らされるものですね)

私は、私の立場で今後も活動していきます!!!


↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑


↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑


先日拉致被害者問題関係で出演した時の告知動画です。直下にその時の収録があります。スタッフの皆さまお疲れ様でした。


毎週日曜22:00から 松本 しぇりーさん、Hiroo Yasudaさん
拉致被害者全員奪還ツイキャス公式


↑↑義援金・支援金の送金完了期限間も無くです↑↑

友だち追加

@LINEやっています。ご登録よろしくお願いします。(「友だち追加」ボタンをクリック または QRコード読みとりよろしくお願いします。)

ツイッターもあります。画像をクリックしてください。


沖縄本島のみならず、日本全国へ配送中!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


電子版はこちら!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック

-北朝鮮, 政治活動, 沖縄県, 那覇市問題

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.