まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

基地問題 政治活動 沖縄県 沖縄経済 辺野古 選挙活動

<オール沖縄撃破!> 名護市に新しい未来が!

更新日:

  

トグチ武豊!勝利!

渡具知(とぐち)武豊(たけとよ)(56)=自民、公明、維新推薦渡具知(とぐち)武豊(たけとよ)(56)=自民、公明、維新推薦が、3選を期す現職の稲嶺進(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持を見事打ち破った!

稲嶺陣営は、「基地問題」が争点とし名護市民に訴えたが、トグチ氏は「市民生活問題」を争点とした。

インタビューの際は通常であれば笑顔で対応するが、現状を考えると笑顔を出せる状況ではないんだなと印象を持った。

出典:http://www.sankei.com

そもそも、争点は個人が決めるものではなく、有権者が決めるものである。

自分であれば「現状の問題」をどう解決するか、「明るい未来」が見える政策を打ち出せるかがポイントとなります。

沖縄地方新聞各紙(沖縄タイムス・琉球新報・八重山日報)においては「基地問題」を争点として書いてあった。

今回の件で、民意としては「基地問題」ではなく「市民の問題」に目を向けよ!という審判であります。

出典:http://www.okinawatimes.co.jp/

この選挙期間中に、ほぼ街宣車にのり遊説やウグイス嬢(男性版は「カラス」)の代わりをして、名護市内をくまなく回りました。

私自身は、これまで名護市は車で通過するだけだった市でありましたが、遊説などをする中で「桜が綺麗なところ」「美味しいお食事どころ」「楽しい人々」多くの名護市の良いところを見つけることができました。

当選の御礼

今回は、いつも以上に加熱した選挙であったと思います。

これは名護市の方々だけでなく、多くの議員をはじめ、ネットユーザーのご協力も計り知れません。

様々な形で応援をしていただいたことに嬉しく思います。

また、遊説をしているときに私のことを知っていたネットユーザーが声をかけてくれました。

出典:https://www.facebook.com


「何かお手伝いできることはありますか?」

色々話をして、事務所にも一度、来てもらってお手伝いをしてもらいました。

私の選挙の時もそうでしたし、衆議院選挙でもそうですが
ネットの応援から一歩抜け出し、実際に事務所などに来てもらうようになった!
これは、大きな展開が引き続いていると思います。

本当に嬉しかったです。

市外・県外からネットのシェアも拡散でき、巡り巡って名護市民にも訴えることができたと思います。

皆様のご支援、本当にありがとうございました。


沖縄本島のみならず、日本全国へ配送中!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


電子版はこちら!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック

-基地問題, 政治活動, 沖縄県, 沖縄経済, 辺野古, 選挙活動

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.