まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

市議活動 政治の基礎知識 政治活動 沖縄県 辺野古

途中経過をまとめました!玉城デニー知事!契約前業者と会食!からの一連の流れ

投稿日:

はじめに

令和元年第5回議会(9月定例会)一般質問者において、9月30日 島袋大県議(沖縄・自民党)が玉城デニー知事を追い込みました。

その内容はニュースにもなりました(そんなに大きくではないですが・・・)。

沖縄県が「万国津梁会議設置等支援業務委託」という事業を発注したのですが、その業者と契約日直前(前日?)に飲食を共にしていたという事案です。

県知事は「私的で、問題ない」とありましたが、県民の疑惑は拭い去ることができるのか・・・・。

そして、「We love OKINAWA デニー知事トークキャラバン」の契約をした『新外交イニシアティブ』にも波及しています。

少し長くなると思いますが書きたいと思います。





全国に皆様で党員にご興味がある方は、下記のバナーをクリックしてください。




おおやまんYouTubeチャンネルへ登録を是非!
 




登録数が大山たかおの力になります!!
後援会の入会は無料ですのでご登録、よろしくお願いします。




友だち追加
@LINEやっています。ご登録よろしくお願いします。(「友だち追加」ボタンをクリック)



 

万国津梁会議

概要については、沖縄県知事は「万国津梁会議」というものを行う!と決めて入札を行いました。

平成 31 年度万国津梁会議設置等支援業務委託

1 業務名
平成 31 年度万国津梁会議設置等支援業務委託

2 契約期間(履行期間)
契約締結の日から令和 2 年(2020 年)3 月 31 日まで

3 業務目的
沖縄21世紀ビジョンの基本理念及び5つの将来像を実現し、新時代沖縄を構築する
ために、更なる政策の推進が必要であり、有識者等から意見を聴くため「万国津梁会議」を開催し、効果的な議論等を促すための万国津梁会議設置等支援に係る業務を行う。


沖縄県ホームページ(ここをクリック

その結果、「万国津梁会議設置等支援業務チームスタートチーム」が入札しました。

入札金額は2407万7千円でした。

そこの5月24日が入札日でした。

県職員がFacebookにアップした画像ですが

こちらの投稿日が5月24日の深夜1時12分となっています。

ということは、契約日の前日の23日に行ったことになります。

そのメンバーがこちらになります。

県知事をはじめ、県職員、受託業者等が一堂に会しています。

沖縄県当局は「問題ない」と答弁しています。

この入札した代表社団法人を確認しますと

「主たる事業所」が山形になっています。

「従たる事務所」に沖縄県内はないのですが

登記情報にはありませんでしたが、「一般社団法人 子ども被災者支援基金沖縄事務所」があるみたいです。

キャラバン事業

普天間・辺野古新基地建設問題に係るシンポジウム開催等業務委託事業

1 事業趣旨
沖縄県の基地問題・基地負担の現状を広く日本国民に伝え、その中でも喫緊の課題となっている普天間飛行場の危険性除去の問題、及び、その代替施設として実施されている辺野古新基地建設問題について周知・問題提起することにより、これらの問題解決に向けた国民的議論につなげる機運の醸成を図る。

2 委託業務
⑴ 委託業務名
「平成31年度 普天間・辺野古新基地建設に係るシンポジウム開催等業務委託事業」
⑵ 選定方法
本業務を委託する候補事業者は、プロポーザル方式で決定する。


沖縄県ホームページ(ここをクリック

その結果「新外交イニシアティブ」が1043万4999円で受託しています。

新外交イニシアティブの情報を見てみると

平成30年の年間名簿ですがネットで確認しますと、「徳森りま」氏の名前と「鈴木理恵」氏が理事をしていることが確認できます。

この二人の名前は万国津梁会議でも見ることができます。


そして下の写真については「徳森りま」氏であることは、議会で知事も認めております。

そしてNPO情報を確認しますと

ということです。

主たる事務所の所在地「沖縄県那覇市首里石嶺町四丁目260番地1」となっています。

この住所を確認すると先ほどの「万国津梁会議」を受注した代表である「一般社団法人 子ども被災者支援基金」沖縄事務所と同じ住所であることが分かります。

その建物については

この建物で表札もなかったということでした。

また、東京で行ったキャラバンで配布されたものが





NDの寄付をお願いした振込用紙も配布されていました。

公共(県が主体)の事業で「政治的に中立のであったのか」と確認が議会でされました。

ここに評議員として「屋良朝博」衆議院議員の名前があります。

屋良衆議院議員は、デニー玉城県知事の盟友でありますが沖縄県当局は「評議員になったのは、議員になる前なので問題ない」と答弁しています。

政治倫理規定

沖縄県職員倫理規程

(目的)
第1条 この訓令は、沖縄県職員(特別職の職員を除く。以下「職員」という。)が当該職員の職務に利害関係のある業者及び個人(これらの者の集合体であって法人格を有しないものを含む。)並びに職員の地位等の客観的な事情から当該職員が事実上影響力を及ぼしうると考えられる他の職員の職務に利害関係のある業者及び個人(これらの者の集合体であって法人格を有しないものを含む。)(以下これらを「関係業者等」という。)との接触等に関し遵守すべき事項等を定めることにより、公正な職務の執行を図り、県民の疑惑や不信を招くような行為を防止し、公務に対する信頼を確保することを目的とする。

地方公務員法

第三条 地方公務員(地方公共団体及び特定地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第二項に規定する特定地方独立行政法人をいう。以下同じ。)のすべての公務員をいう。以下同じ。)の職は、一般職と特別職とに分ける。
2 一般職は、特別職に属する職以外の一切の職とする。
3 特別職は、次に掲げる職とする。
一 就任について公選又は地方公共団体の議会の選挙、議決若しくは同意によることを必要とする職

当局としては「知事は特別職なので問題ない」と答弁しています。

確かに、法律的には問題ないでしょう。

しかし、入札のこの時期に食事をすることが本当に良いのかは考える必要があると思います。

市議会議員の立場でも、那覇市と契約したり受注を受けたりする会社の方と食事をすることもあります。

当然、すべてダメだとは思いません。

それがだめなら、政治家としての本来の活動(日常生活問題の聞き取り等)すらできなくなってします可能性があるからです。

しかし、契約日の前日に「私的交流」といっても、食事をすることは県民・市民の方に「疑惑をもたれてもしかたない」環境であると思います。

議会での徹底追及をしていただきたいと思います。



ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを読み終わったら「ポチ」と投票で「大山たかお」を応援


大山たかおの政治活動は皆様のご厚志によって支えられています
政治とオカネについて〜議員になってわかったこと〜


拉致被害者を全員返せ!〜あなたの意思表示が政治を動かせます!

↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑


大山たかお公式LINE@
友だち追加
「友だち追加」をタップorクリックで登録をお願いします。

-市議活動, 政治の基礎知識, 政治活動, 沖縄県, 辺野古

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.