まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

政治の基礎知識 政治活動 自衛隊

自衛官(国家公務員)の政治活動とは

更新日:

 

公務員には政治活動の制限があります

平成29年3月31日の在職中まで、自衛隊法の「政治的行為の制限」の規定により、思う存分な準備はできなかったため、スタードダッシュに失敗しました。

私は、自衛官は政治に関することは全てダメではなく、積極的に政治に関与してほしいし、するべきだと思います。

自衛官である前に日本国民でありますし、自らの最高指揮官(内閣総理大臣)は政治家ですよ。民進党政権の時に受けた打撃は未だに跡を引いている気がします。

ですが「懲戒処分」等にならぬように正しい知識をつけていただきたいと思います。納得したら、「シェア」よろしくお願いします。

自衛官のできること、できないこと

隊員は、自民党員になることができるのか!?
自民党以外でも党員になっても問題ありません。ただし、単なる党員ではなく、役員や顧問などの職につくことはできません。ただし、自民党ではなく、公安の監視対象の政党の党員になると自衛官として大変です。
隊員は、「大山たかお後援会」の会員になることができるのか!?
Q1.と同じでなれます。ここをクリックして入会よろしくお願いします
SNSでシェアやコメントを出すことができるか!?
まだ法整備が整っていないため、正式な回答が出ておりませんが、「いいね」「シェア」については問題ないと思います。しかし、「大山頑張れ!」「大山応援しているぞ!」というコメントは、公共の場での「特定の個人の応援」と言われてしまう可能性がありますので、気をつけなければなりません。「シェア」で応援してください。
隊員が特定の候補者に激励の電報等打ってもいいのか!?
これは、打っても構いません。ということで、FacebookのmessengerやLineなどで「チバリヨ〜!!」のメッセージは問題ありませんのでよろしくお願いします。
隊員は、隊員又は隊員以外の知人等に対して、特定の候補者等への投票を勧誘することができるのか。
組織的又は計画的な勧誘(部隊の朝礼などで「〇〇に投票しよう」とか街頭で「〇〇さんに投票してくだーい!」みたいな勧誘)は、できませんが、同居の人やたまたま路上で出会った友人に「大山たかおは、頑張ってるね。投票してもいいんじゃないのか」と投票を勧誘することは差し支えありません。

正しい知識をつけてもらって、できる範囲の中で積極的に政治に関心を持っていいただきたいので、よろしくお願いします。

政治活動の制限根拠規則

国家公務員法

(政治的行為の制限)
第102条 職員は、政党又は政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法を以てするを問わず、
これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない。
2 職員は、公選による公職の候補者となることができない。
3 職員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問、その他これらと同様な役割をもつ構成員となることができない。

自衛隊法

(政治的行為の制限)
第六十一条  隊員は、政党又は政令で定める政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法をもつてするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除くほか、政令で定める政治的行為をしてはならない。
2  隊員は、公選による公職の候補者となることができない。
3  隊員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問その他これらと同様な役割をもつ構成員となることができない。

自衛隊法施行令

(政治的目的の定義)
第八十六条  法第六十一条第一項 に規定する政令で定める政治的目的は、次に掲げるものとする。
一  衆議院議員、参議院議員、地方公共団体の長、地方公共団体の議会の議員又は海区漁業調整委員会の委員の選挙において、特定の候補者を支持し、又はこれに反対すること。
二  最高裁判所の裁判官の任命に関する国民審査において、特定の裁判官を支持し、又はこれに反対すること。
三  特定の政党その他の政治的団体を支持し、又はこれに反対すること。
四  特定の内閣を支持し、又はこれに反対すること。
五  政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張し、又はこれに反対すること。
六  国又は地方公共団体の機関において決定した政策(法令に規定されたものを含む。)の実施を妨害すること。
七  地方自治法 に基づく地方公共団体の条例の制定若しくは改廃又は事務監査の請求に関する署名を成立させ、又は成立させないこと。
八  地方自治法 に基づく地方公共団体の議会の解散若しくは法律に基づく公務員の解職の請求に関する署名を成立させ、若しくは成立させず、又はこれらの請求に基づく解散若しくは解職に賛成し、若しくは反対すること。

(政治的行為の定義)
第八十七条  法第六十一条第一項 に規定する政令で定める政治的行為は、次の各号に掲げるものとする。
一  政治的目的のために官職、職権その他公私の影響力を利用すること。
二  政治的目的のために寄附金その他の利益を提供し、又は提供せず、その他政治的目的を持つなんらかの行為をし、又はしないことに対する代償又は報酬として、任用、職務、給与その他隊員の地位に関してなんらかの利益を得若しくは得ようと企て、又は得させようとし、あるいは不利益を与え、与えようと企て、又は与えようとおびやかすこと。
三  政治的目的をもつて、賦課金、寄附金、会費若しくはその他の金品を求め、若しくは受領し、又はなんらの方法をもつてするを問わず、これらの行為に関与すること。
四  政治的目的をもつて、前号に定める金品を国家公務員に与え、又は支払うこと。
五  政党その他の政治的団体の結成を企画し、結成に参与し、又はこれらの行為を援助すること。
六  特定の政党その他の政治的団体の構成員となるように又はならないように勧誘運動をすること。
七  政党その他の政治的団体の機関紙たる新聞その他の刊行物を発行し、編集し、若しくは配布し、又はこれらの行為を援助すること。
八  政治的目的をもつて、前条第一号に掲げる選挙、同条第二号に掲げる国民審査の投票又は同条第八号に掲げる解散若しくは解職の投票において、投票するように又はしないように勧誘運動をすること。
九  政治的目的のために署名運動を企画し、主宰し、若しくは指導し、又はこれらの行為に積極的に参与すること。
十  政治的目的をもつて、多数の人の行進その他の示威運動を企画し、組織し、若しくは指導し、又はこれらの行為を援助すること。
十一  集会その他多数の人に接し得る場所で又は拡声器、ラジオその他の手段を利用して、公に政治的目的を有する意見を述べること。
十二  政治的目的を有する文書又は図画を国の庁舎、施設等に掲示し、又は掲示させ、その他政治的目的のために国の庁舎、施設、資材又は資金を利用し、又は利用させること。
十三  政治的目的を有する署名又は無署名の文書、図画、音盤又は形象を発行し、回覧に供し、掲示し、若しくは配布し、又は多数の人に対して朗読し、若しくは聴取させ、あるいはこれらの用に供するために著作し、又は編集すること。
十四  政治的目的を有する演劇を演出し、若しくは主宰し、又はこれらの行為を援助すること。
十五  政治的目的をもつて、政治上の主義主張又は政党その他政治的団体の表示に用いられる旗、腕章、記章、えり章、服飾その他これに類するものを製作し、又は配布すること。
十六  政治的目的をもつて、勤務時間中において、前号に掲げるものを着用し、又は表示すること。
十七  なんらの名義又は形式をもつてするを問わず、前各号の禁止又は制限を免かれる行為をすること。
2  前項各号に掲げる行為(第三号の場合においては、前項第十六号に掲げるものを除く。)は、次の各号に掲げる場合においても、法第六十一条第一項 に規定する政治的行為となるものとする。
一  公然又は内密に隊員以外の者と共同して行う場合
二  自ら選んだ又は自己の管理に属する代理人、使用人その他の者を通じて間接に行う場合
三  勤務時間外において行う場合

-政治の基礎知識, 政治活動, 自衛隊

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.