まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

中国 北朝鮮 国防 基地問題 外交 政治活動 沖縄県 辺野古

最低でも県外ができるのか!・その時を振り返る

更新日:

はじめに

「最低でも県外」そのキーフレーズで、選挙戦を戦い総理となった鳩山氏。その後の余波で、県民投票も行い、そして終えて、これからどうなる!?というときに当時の新聞などを見ながら思いまだしましたので、そのあたりを書いていきたいと思います。

 
 




全国に皆様で党員にご興味がある方は、下記のバナーをクリックしてください。




登録数が大山たかおの力になります!!
後援会の入会は無料ですのでご登録、よろしくお願いします。




友だち追加
@LINEやっています。ご登録よろしくお願いします。(「友だち追加」ボタンをクリック)




 

最低でも県外といった政治家

残念ながら、過去すぎて記事が見つかりませんでしたが、ご存じのとおり「鳩山元総理」です。

衆 - 環境委員会 - 11号 平成22年05月11日

鳩山内閣総理大臣 

斉藤委員に、環境問題以外ということでございますが、お答えを申し上げます。
 いわゆる普天間の移設問題に関して、私は選挙のときに、できれば最低でも県外ということを申し上げてまいりました。党の公約ということになれば、もう御案内のとおり、これはいわゆる沖縄の負担軽減、そのための米軍再編ということを公約としては申し上げてまいりました。

 ただ、やはり私の発言というものは重いことであるという認識は当然感じておりましたから、私としても、でき得れば普天間の移設先を県外に求めてまいりたいという努力をしてまいりましたし、これからも、でき得ればこの機能というものを一部でも県外にという思いを強く感じているところでございます。

 ただ、なかなか、御案内のとおりのアジアの情勢の中で、また海兵隊の現実の抑止力の観点から見て、非常に県外に移設するということの困難性というものも感じております。

 したがいまして、五月四日に沖縄に参りましたときに、そのことに対して心から沖縄の皆様方におわびを申し上げてまいったところでございます。まだしばらくの間、これがどのぐらいになるかわかりませんが、沖縄に御負担をお願いせざるを得ないということも申し上げてまいりました。

 沖縄の皆さん方はなかなか簡単に御理解をいただけるものではないと思っておりますが、やはり日米同盟というか、世界の平和と安定のために日本の果たすべき役割と、その中での沖縄の皆さん方の今日までの御負担を考えれば、御負担をできる限り軽減したいという気持ちは持ちつつ、御負担をこれからも当面の間続けてお願いせざるを得ないという環境に関しても、公明党さんにも御理解を願えればありがたく存じております。

国会議事録


PDFはこちら(ここをクリック

総理を辞めてから、毎日新聞で書いてました

なぜ、この案を実行しなかったんでしょうね??

このことを「篠原常一郎さん」が書いています。

篠原さんの全文はこちら
<普天間基地「最低でも県外」腹案を投げ棄てた鳩山由紀夫元首相の無責任ぶり>

辺野古埋め立てをめぐる沖縄県民投票が始まっています。県民の中に長く対立を持ち込み、今では本土のみならず外国からも「辺野古移設反対」などを叫ぶ活動家がキャンプシュワブの門前をはじめ、県内を闊歩する状況まで進んだのは、民主党政権最初の首相、鳩山由紀夫氏が普天間基地移設先を「最低でも県外にする」と放言したことに端を発しています。

首相辞めて何年かしてからでしょうか? 鳩山由紀夫氏が沖縄で「辺野古新基地反対」を掲げた集会に参加し、地面に座っている写真が新聞などで報道されました。唖然としました。

その後、氏の持論である「東アジア共同体」論を引っ提げ、中国の言うがままで「一帯一路」経済構想を持ち上げる。更に沖縄でしばしば立ち回りながら、「基地反対運動」にテコ入れする。首相としての責任を放棄しながら、よく厚かましくこんなことをやっているな、と呆れると共にフツフツと怒りがわいて来ます。

なぜ、私がこんなことを言うのか? それは鳩山氏が首相であった最後の頃、「私には腹案がある」と周囲に述べていた正にその案、普天間基地の移設先を「最低でも県外にする」ための検討案の策定に自衛隊関係者と共に携わっていたからです。

検討案は、後で述べますように基本的にまとまり、実現可能性についても自衛隊内でも「ほぼいける」と確認され、非公式ながら在日米軍にも説明されました。取りまとめの中心に立ち首相への説明も行なったのは、自衛隊将官OBの方です。検討を仕切っていただくよう私が2010年のゴールデンウィーク連休に入る頃、静養先までお邪魔してお願いしました。

このような作業を行なったのは、鳩山家関係者からの依頼があったからです。もともと私は2009年の総選挙直後、鳩山家関係者から予想外に増えた民主党衆議院議員のうちのお一人の政策秘書就任を請われ、それを受けたのですが、必要な時に官邸の裏仕事にも携わっていました。その流れで鳩山首相が「最低でも県外」問題での揺れる言動がクローズアップされ、更に無責任なオバマ米大統領に対する「トラスト・ミー(私を信じて)」発言で日米間の信頼関係を損なうという事態が生じる中、鳩山家関係者から「何とか条件を満足できる案を専門家と作れないのか」と相談があったのです。

その頃、鳩山首相の周りには様々な「専門家」が群れ集まり、「九州に代替基地が作れる」「徳之島で大丈夫だ」「嘉手納の米軍基地と統合できる。自分には米高官とパイプがあるから交渉してくる」などと様々なことを言い募り、どの会計からは定かではないですが、お金を貰って九州の自治体を回ったり訪米したりしてました(これらの「専門家」たちはいまだに鳩山氏の周りにくっついて、「尖閣諸島は中国領」などと妄言を繰り返しています)。

私には彼らの振る舞いが全く馬鹿げた行動にしか思えず、こんなことに金と時間を費やすことの無駄に嘆息していました。彼らが共通していたのは、「移設先はなぜ辺野古になったか」について、全くリサーチしていないことです。将官OBを中心にした我々は、在沖米海兵隊が出していた移設先要件「沖縄本島の北部演習場からCH-46輸送ヘリコプターが往復可能な200km以内にあること」を最初から踏まえていたので、思いつきのようなプランなど初めから排除していました。

因みに最近、鳩山由紀夫氏は外務省が当時、「ヘリコプターの往復航続距離内が米軍側の必須条件」と秘密文書で説明したから「最低でも県外」を諦めたかのように言い、その文書まで暴露しています。これもデタラメ極まる。我々が検討の上提案し、鳩山氏が「腹案」と述べた案は、この条件をクリアし尚且つ「県外」をも両立させるものだからです。

その案を、なんと鳩山氏は首相辞任後の1カ月弱で「毎日新聞」紙上で自ら述べています(別掲)。

2010年6月22日付「毎日」朝刊には報道記事として、同夕刊には鳩山氏のインタビューを交えた記事として「最低でも県外」の「腹案」を報じています。その案とは、海自の「ひゅうが」型飛行甲板付き護衛艦を「日米共同演習」の名目で米海兵隊演習に提供し、南西諸島の接続水域以遠の公海上(つまり沖縄県外)で海兵隊ヘリコプターの北部演習場に向けた発着訓練を実施するというものです。

鳩山氏は、記事でこう述べています。
「海上自衛隊の最新鋭護衛艦に『ひゅうが』というのがある。ヘリが12機くらい乗せられる。今は1艦で、来年3月にもう1艦できる。理想的にいえば3艦から4艦あれば、40機くらい積める。海上ですから、普天間に負担をかけないで訓練できる。案として私は非常に面白いと思った。日米の共同訓練もできますからね。北澤俊美防衛相にこの話をもっと詰めて欲しい、と指示しました。アメリカにもその交渉をしてもらいたいと申し上げているところだったんです」

策定に関わった者として、より詳しく案を説明すると、内容は次のようなものでした。

(1)ひゅうが」型護衛艦を整備計画を上回る6艦体制にし、常時2艦を乗員と共に米海兵隊演習に提供するローテーションで運用
(2)護衛艦増加分の建造費用は、予備費(2010年当時、1兆2千億円)の一部を充当
(3)米海兵隊が洋上の演習地点に移動するためのヘリパッド及び地上駐機場を海兵隊駐屯地に整備

この案の基になるアイデアは、鳩山家関係者から出たものでした。「米海兵隊は上陸先乗り部隊で洋上の強襲揚陸艦からヘリコプターで上陸目標地点に強行進出するんだから、海自の飛行甲板付き護衛艦でその訓練ができるのではないか?」とのアイデアです。

このアイデアに肉付けする際、予算の目処は前述のように立ち、問題は隊員の定数が充足されていない海自で増艦分の乗員が確保できるかでした。しかし、これについても、検討チームリーダーの将官OBが海自側に詳細を詰めてもらい、見通しが立ちました。以上の結果をもって、在日米軍司令部側に非公式打診をしたところ、好感触となり(どのレベルか私には分かりませんが、将官OBの交渉相手は将官クラスになるはずです)、首相への提案となったのです。首相への説明の際、将官OBはあらためて日米同盟の意義と沖縄の地政学的重要性と米軍専用施設や日米共同使用施設などの基地、配置された部隊などの役割、米海兵隊プレゼンスの重要性を詳しく案と共に説明しました。その結果が鳩山首相の口から当時出た「抑止力というものがよく分かった」という言葉です。

私たちは、自分たちの提案したプランがベストだと思っていました。

まず、1996年以来、普天間基地の移設プランについてあらゆる内容を防衛庁の中で検討する中心にいた守屋武昌元防衛事務次官から、当時話題になっていた「専門家」たちの多様な案の可否を理由と共に全て説明を受けていたからでした。当時、「防衛省汚職事件」で有罪確定し収監待ちだったこともあったのでしょうが、普天間移設問題について守屋氏に話を聞いたのは私以外に居ませんでした(この直後、守屋氏は『普天間交渉秘録』を新潮社から刊行しましたが、当時聞かせてくれた内容は本の中身を遥かに超えていました)。

守屋氏に確認すると案の定、鳩山首相に群がっていた「専門家」たちの主張するプランは、過去日米交渉及び防衛庁による技術上や環境上の検討の中で全て否定されていたものでした。

更に我々の案は、かねてから心配され続けている「東海沖地震」や「南海トラフ地震」への対応にヘリコプター発着型護衛艦を増加整備することで有効だということが明らかでした。本州を中心に我が国は海沿いに交通インフラが整備されていることが多く、予想される前記の地震では地上交通が寸断される可能性が高いのです。その際、洋上から被災地に接近してヘリコプターでポイント的に救難や物資輸送を実施出来る体制の充実が大事で、検討案はそこにもメリットがありました。残念ながら、その重要性は翌年3月11日に発生した東日本大震災でもダメ押し的に確認されることになりましたが。

また、これは声高には言われませんでしたが、中国の潜水艦などをはじめとする海軍力の増強と行動拡大で緊張感がいやます南西諸島方面の安全保障に貢献することも明らかでした。

かような案であるのに、これを「腹案」などと言いながら首相の座を放り出した鳩山氏のていたらくぶりに、私は強い失望を感じたものです。政治家として、覚悟と決意、何よりも沖縄県民や日本国民の利益と安全を第一に念頭に置けば、あるいは実現したかもしれない案を首相の地位と一緒に投げ棄てたんですから。

まして、そのわずか1カ月弱後に、自慢気に自分の「腹案」をしゃあしゃあと新聞紙上で語るなんてことは、責任感ある政治家がやることではない。最近、安倍総理が民主党政権時代を「悪夢の時代」と呼んで物議を醸してますが、私にとって鳩山氏が「最低でも県外」という言葉で政権と国民を振り回したこの時は、正に「悪夢」でした。

鳩山氏は前傾記事の中で、こうも述べています。
「時期がかなり遅かったものですから、防衛省の中でも必ずしも煮詰まってはいません。軌道に乗る前、私自身、こういうことになって…。ただし案は消えていません。引き継いでもらいたいと思っています。私は政権を離れていますけど、フリーの立場で努力したいと思っています」

こんなことを言ったことを鳩山氏は記憶しているのでしょうか? 現在の言動には、全くそれが感じられません。こんなに言葉の軽い首相をわずか8カ月でももったことは、沖縄県民、日本国民には不幸であったとしか、言いようがありません。

戦前から系譜をつらねる「政治の名門」としての鳩山家は、由紀夫氏の軽挙妄動、弟邦夫氏の逝去で完全に終わったのではないでしょうか。鳩山氏はせめてあおあもう表舞台からは去っていただきたいと思います。

是非とも「篠原常一郎さん」の記事もありますのでご一読していただきたいと思います。

ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを読み終わったら「ポチ」と投票で「大山たかお」を応援


大山たかおの政治活動は皆様のご厚志によって支えられています
政治とオカネについて〜議員になってわかったこと〜


拉致被害者を全員返せ!〜あなたの意思表示が政治を動かせます!

↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑


大山たかお公式LINE@
友だち追加
「友だち追加」をタップorクリックで登録をお願いします。


保守活動を支える『保守基金』

 

-中国, 北朝鮮, 国防, 基地問題, 外交, 政治活動, 沖縄県, 辺野古

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.