まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

中国 国民保護計画 国防 外交 辺野古

沖ノ鳥島周辺で中国が無断の海洋調査か 中国調査船「公海上」と主張

投稿日:

はじめに

中国の調査船が沖ノ鳥島周辺を航行し、調査をしたと中国外務省が発表しました。中国については、日本近海を我が物顔で航行、調査しています。年末には韓国艦艇がレーダー照射する事件がありましたが、今度は中国です。日本は四面環海で、大きな物流を担っているのは、石油タンカーをはじめ船であり、海上安全の確保は日本の生命線であり、日本そのものを担っています。今回については、冒頭の中国の調査船について書いていきます。

全国に皆様で党員にご興味がある方は、下記のバナーをクリックしてください。


.
後援会の入会は無料です下記のバナーをクリックしてご支援よろしくお願いします。


ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを進む前に「ポチ」で「大山たかお」を応援


今回の事案

沖ノ鳥島周辺で中国が無断の海洋調査か 中国調査船「公海上」と主張

 日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)で昨年12月中旬、中国の海洋調査船が無断で海洋調査を行った疑いがあることが2日、政府関係者への取材で分かった。

 政府関係者によると、昨年12月18日、沖ノ鳥島周辺のEEZで、中国国家海洋局の「向陽紅01」が航行しているのを海上保安庁が確認。目的を確認したところ「公海上で海洋調査を行っている」などと応答した。

 向陽紅がワイヤのような物を海中へ投入し、観測を行うような様子が確認されており、資源調査などを実施した疑いがある。同海域での中国の無許可調査が確認されれば、平成28年3月以来となる。

 国連海洋法条約では、他国のEEZでの無断の海洋調査は認められていない。日本は沖ノ鳥島周辺にEEZを設定しているが、中国側は「島ではなく岩」などと主張。調査船の応答もこの主張に基づくものとみられる。

 一方、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域では2日、中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは昨年12月22日以来。

国連海洋法条約

国連海洋法条約
第八部 島の制度
第百二十一条 島の制度
1 島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう。
2 3に定める場合を除くほか、島の領海、接続水域、排他的経済水域及び大陸棚は、他の領土に適用されるこの条約の規定に従って決定される。
3 人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。

日本はこの第121条 1項の定義に従って沖ノ鳥島は「島」であるとし、「海洋法に関する国際連合条約」(国連海洋法条約)発効に併せて制定した「排他的経済水域及び大陸棚に関する法律」(平成8年法律第74号)によって、沖ノ鳥島を中心とする排他的経済水域を設定しました。


中国を含むその他の国からは、「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩」ということで島ではないということです。


離島周辺における基礎データ収集のイメージ


測量結果イメージ

排他的経済水域(EEZ: Exclusive Economic Zone)ってなに

排他的経済水域(EEZ)とは何か?

国連海洋法条約は,従来の「領海・公海」という区分を見直し,新たに「排他的経済水域(EEZ)」という海域を設定しました。これにより,沿岸国は基線(注:領海,EEZ,大陸棚などの幅を測定する基準となる線。通常は海岸の低潮線。)から200海里の範囲で排他的経済水域を設けることが可能になり,同水域において沿岸国は特定の事項に関する主権的権利を有することとなったのです。
 
具体的には,沿岸国は,排他的経済水域において,天然資源(生物であるか非生物であるかを問わない。)の探査,開発,保存及び管理,人工島等の設置,海洋の科学的調査,海洋環境の保護及び保全等に関する管轄権を有しています。一方,排他的経済水域は,従来は公海であった海域に沿岸国の管轄権が認められたものであり,特定の事項以外については,公海としての性格が維持されました。つまり,内陸国を含むすべての国は,沿岸国の権利義務を害しない限り,他国の排他的経済水域内において航行,上空飛行,海底電線・海底パイプライン敷設等の公海の自由を引き続き有します。

このように考えると,排他的経済水域において沿岸国が有する主権的権利は,特定の事項に限られた制限的なものとなっており,領海とも公海とも異なる特別の地位を持つ海域として位置づけられています。

頑張る人

当然ながら、海上自衛隊も頑張っています。海上保安庁も頑張っています。沖縄県も国境を接する県としてしっかりやらねばと思います。

日本の最南端で、我が国唯一の熱帯気候の島である沖ノ鳥島も、海洋権益の観点から注目されています。この島は東京都心から約1,700km離れた南の海に位置し、ホノルル(ハワイ)とほぼ同じ緯度にあります。
 国連海洋法条約第121条では、「自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるもの」を島と定義し、領海、接続水域、排他的経済水域及び大陸棚を有することと定めていますが、沖ノ鳥島はこのような条件を有する島です。
最近、沖ノ鳥島周辺の我が国の排他的経済水域において、中国の海洋調査船が国連海洋法条約に基づく手続きを踏むことなく、我が国の同意なしに調査活動を行っています。海上保安庁では、我が国の権益を適切に保全していくため、沖ノ鳥島の周辺海域においても巡視船及び航空機によるしょう戒を行っています。

中国を見習え


本当は、予算が許すのであれば、埋め立てをしてもいいと思います。近郊を航行中の船の緊急避難港としても整備するべきでしょう。中国については「辺野古の埋め立て」が比にならないくらい埋めています。それも実力行使の部隊ををもって・・・・・

中国の太平洋進出については、主たる経路を沖縄県を横断する形となっています。戦争はしたくないけど、巻き込まれることが避けられないことも覚悟しないといけないのかもしれません。
周辺国が真の平和な世の中へなってほしいです。そうすれば、日本の防衛体制も小さくすることができると思います。

↓↓↓↓↓↓関連過去ブログ↓↓↓↓↓↓↓↓

https://ooyaman.jp/1335.html

ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを読み終わったら「ポチ」と投票で「大山たかお」を応援


全国に皆様ご支援いただけるならば下記のバナーをクリックしてご支援・ご協力よろしくお願いします。

後援会の入会は無料です下記のバナーをクリックしてご支援・ご協力よろしくお願いします。

友だち追加

@LINEやっています。ご登録よろしくお願いします。(「友だち追加」ボタンをクリック または QRコード読みとりよろしくお願いします。)

ツイッターもあります。画像をクリックしてください。


沖縄本島のみならず、日本全国へ配送中!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


電子版はこちら!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


保守活動を支える保守基金!!詳しくは上記をクリック↑↑↑↑↑↑↑↑

-中国, 国民保護計画, 国防, 外交, 辺野古

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.