まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

国防 自衛隊 韓国

韓国の艦艇がレーダー照射!火器管制装置とは!!

更新日:

はじめに

2018年12月20日、石川県・能登半島沖の日本海で、海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したと明らかにしました。火器管制装置って何なんだろう!?レーダー照射ってなんなんだろうというところを簡単に書いていきたいと思います。

全国に皆様で党員にご興味がある方は、下記のバナーをクリックしてください。


.
後援会の入会は無料です下記のバナーをクリックしてご支援よろしくお願いします。


ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを進む前に「ポチ」で「大山たかお」を応援


事件の経緯

韓国海軍、海自哨戒機にレーダー照射

岩屋毅防衛相は21日夜、記者会見し、韓国海軍艦艇が20日午後、石川県・能登半島沖の日本海で、海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したと明らかにした。
岩屋氏は「不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と述べ、21日に韓国側に抗議したことを明らかにした。

「極めて危険」韓国軍レーダー照射を岩屋防衛相が批判

 韓国海軍の艦艇が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制用のレーダーを照射した問題で、岩屋毅防衛相は21日夜、防衛省で緊急の記者会見を開き、「レーダー照射は、不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と批判した。さらに「日韓防衛当局の連携は北朝鮮問題などで重要であるにもかかわらず、今回のような事案が発生したことは遺憾だ」とも述べた。

 火器管制用レーダーはミサイルを発射する際に対象を捕捉するために使われるもので、照射は攻撃を前提とする行為。日本側は21日、外交ルートで韓国側に厳重に抗議し、再発防止を求めた。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について
平成30年12月22日
防衛省

 12月20日(木)午後3時頃、能登半島沖において、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊第4航空群所属P-1(厚木)が、火器管制レーダーを照射された旨、21日(金)、防衛省から公表を実施しました。
 本件について、種々の報道がなされていますが、防衛省としては、20日(木)のレーダー照射事案の発生後、海自哨戒機の機材が収集したデータについて、慎重かつ詳細な分析を行い、当該照射が火器管制レーダーによるものと判断しています。その上で、火器管制レーダーは、攻撃実施前に攻撃目標の精密な方位・距離を測定するために使用するものであり、広範囲の捜索に適するものではなく、遭難船舶を捜索するためには、水上捜索レーダーを使用することが適当です。
 加えて、火器管制レーダーの照射は、不測の事態を招きかねない危険な行為であり、仮に遭難船舶を捜索するためであっても、周囲に位置する船舶や航空機との関係において、非常に危険な行為です。なお、韓国も採択しているCUES(洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準)において、火器管制レーダーの照射は、船舶又は航空機に遭遇した場合には控えるべき動作として挙げられています。
 以上の理由から、今回このような事案が発生したことは極めて遺憾であり、韓国側に再発防止を強く求めてまいります。

韓国サイドの意見

防衛省からの発表はありませんが、これらの地図を確認すると、おおむね位置については、地図のとおりであると思います。

火器管制レーダーってなんなのか?

火器管制装置の一部です。火器管制装置は、ミサイルを打つために色々な情報を処理します。どのくらい離れてるとか、どのミサイルを打つとか・・・様々なことが一つのミサイルを撃つのにも処理をしなければなりません。それらの処理の中で、火器管制レーダーはミサイルなどを撃つために敵機(艦艇)を補足する射撃用のレーダーです

航空機や艦艇などは、多くのレーダー(電波発生を発生する装置)を装備しています。

例えば、雨雲を探知するために「ウェザーレーダー」

管制機関とやり取りを行うトランスポンダー

艦艇であれば、船舶レーダー

レーダーとは違いますが、電波を出すものとしては無線機も同じですね。
また今度、電子戦につてはご紹介しますが「火器管制レーダー」については射撃用途以外では、ほぼ使わないものです。


ちょっと海上と航空での違いはありますが、このような射撃用のレーダーを当てていると思ってもらっていいと思います。

火器管制レーダーを当てるということはどういうことか?

当初このニュースを知った時、

韓国艦艇側が訓練中にレーダーの主電源を切り忘れ、誤って外に発射した
韓国艦艇のシステム上の欠陥又は故障で火器管制レーダーが発射された

と思っていましたが(それでも、火器管制装置が入るとなると大問題ですが・・・

韓国、会見で意図的レーダー照射を改めて否定

韓国メディアは韓国国防省関係者の話を基に、レーダーは20日、海上で遭難した北朝鮮船を捜索するために使用されたと報道。副報道官は記者会見で、当時の状況を「人道主義的な救助のための作戦活動をしていた」と説明した。


と報道されました。まぁ、全く使えないとは言い切れませんが、使いませんよね・・・ふつうは・・・
火器管制レーダーは、秘密中の秘密の事項なので、韓国にシステムは全く分かりません。

韓国艦レーダー照射は2回、数分間「意図的な事案」
 政府関係者によると、P1は最初の照射を受け、回避のため現場空域を一時離脱した。その後、状況を確認するため旋回して戻ったところ、2度目の照射を受けた。P1は韓国艦に意図を問い合わせたが、応答はなかった。照射は数分間に及んだとみられる。 政府関係者によると、P1は最初の照射を受け、回避のため現場空域を一時離脱した。その後、状況を確認するため旋回して戻ったところ、2度目の照射を受けた。P1は韓国艦に意図を問い合わせたが、応答はなかった。照射は数分間に及んだとみられる。
会見では韓国軍合同参謀本部関係者が、海自のP1哨戒機が駆逐艦の上空に向かって飛行してきたとも指摘。追跡用のレーダーを稼働させないまま、このレーダーに付属しているカメラを監視のために向けたとし、この際、レーダーからは「一切の電波放射はなかった」と明らかにした。会見では韓国軍合同参謀本部関係者が、海自のP1哨戒機が駆逐艦の上空に向かって飛行してきたとも指摘。追跡用のレーダーを稼働させないまま、このレーダーに付属しているカメラを監視のために向けたとし、この際、レーダーからは「一切の電波放射はなかった」と明らかにした。


えっ!?複数回!?レーダー照射してないの!?
さまざまな波紋がまだまだ続きそうです。

レーダー照射(電子戦)の特色として、相手側(今回でいうと日本側)に影響があったのどうかを判定するのは難しい特色を持っています。

その中で「P-1」という航空機の性能を図った可能性も捨てきれはしません。相手に影響が出ているかどうかわかりにくい種類の攻撃なだけに、その成果を見ようとしたのでしょうか・・・・

火器管制レーダーの照射をすることは、拳銃でいうと目の前で銃口を向けられような状態
剣道でいうと竹刀を上段の構えで構えられている状態です

もし、相手に対し攻撃をしても「正当防衛」が成立するぐらいの状態です。

諸外国の軍隊であれば、この艦艇を撃沈していた可能性はあったと思います。自衛隊である所以か・・・・・

ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを読み終わったら「ポチ」と投票で「大山たかお」を応援


全国に皆様ご支援いただけるならば下記のバナーをクリックしてご支援・ご協力よろしくお願いします。

後援会の入会は無料です下記のバナーをクリックしてご支援・ご協力よろしくお願いします。

↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑

友だち追加

@LINEやっています。ご登録よろしくお願いします。(「友だち追加」ボタンをクリック または QRコード読みとりよろしくお願いします。)

ツイッターもあります。画像をクリックしてください。


沖縄本島のみならず、日本全国へ配送中!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


電子版はこちら!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


保守活動を支える保守基金!!詳しくは上記をクリック↑↑↑↑↑↑↑↑

-国防, 自衛隊, 韓国

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.