まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

国防 自衛隊

復職!自衛官採用枠の拡大!!中卒でも関係ない公務員への道!!!

投稿日:

はじめに

「防衛省は、自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に引き上げる方針を決めた。関連規則を改正した上で今年10月から施行する。」ということで、少しタイミングを失してしまいましたが、自衛官採用枠における年齢が引き上げられました。今回の年齢改正で、「知った時には」時すでに遅しだった方も受験するチャンスが出てきたかもしれません。自衛隊といっても採用については幾つかあるので少し書きたいと思います。


ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを進む前に「ポチ」で「大山たかお」を応援


採用枠の引き上げ

自衛官の採用上限、32歳に引き上げ 人材確保の司令塔部署も新設 少子化で迫る「静かな有事」対応

防衛省は、自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に引き上げる方針を決めた。関連規則を改正した上で今年10月から施行する。少子化などの影響で自衛官の確保が困難になっていることを踏まえた措置で、平成31年度には人材確保に関する政策立案の司令塔となる部署も新設する。複数の政府関係者が6日、明らかにした。

 自衛官のうち「自衛官候補生」と「一般曹候補生」の現行の募集対象は18~26歳で、上限を6歳引き上げる。今週中にも採用年齢を定めた省令を改正するための意見公募(パブリックコメント)を開始する。自衛官の採用年齢を変更するのは2年以来で、当時は24歳だった上限を26歳に広げた。

 自衛官候補生は採用されれば2~3年の任期付きの自衛官となる。希望に応じて任期を延長したり、任期のない別の職種の試験を受けたりすることができる。一般曹候補生は、「曹」と呼ばれる各部隊の中核を担う人材を養成するために設けられており、原則定年まで勤めることができる。30年度の採用計画数は自衛官候補生が9902人、一般曹候補生が6300人で、この2つの候補生で自衛隊の新規採用の9割以上を占めているが、最近は応募者数自体が減少傾向にある。

リンク切れの際はこちら
自衛官の採用上限、32歳に引き上げ 人材確保の司令塔部署も新設 少子化で迫る「静かな有事」対応

防衛省は、自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に引き上げる方針を決めた。関連規則を改正した上で今年10月から施行する。少子化などの影響で自衛官の確保が困難になっていることを踏まえた措置で、平成31年度には人材確保に関する政策立案の司令塔となる部署も新設する。複数の政府関係者が6日、明らかにした。

 自衛官のうち「自衛官候補生」と「一般曹候補生」の現行の募集対象は18~26歳で、上限を6歳引き上げる。今週中にも採用年齢を定めた省令を改正するための意見公募(パブリックコメント)を開始する。自衛官の採用年齢を変更するのは2年以来で、当時は24歳だった上限を26歳に広げた。

 自衛官候補生は採用されれば2~3年の任期付きの自衛官となる。希望に応じて任期を延長したり、任期のない別の職種の試験を受けたりすることができる。一般曹候補生は、「曹」と呼ばれる各部隊の中核を担う人材を養成するために設けられており、原則定年まで勤めることができる。30年度の採用計画数は自衛官候補生が9902人、一般曹候補生が6300人で、この2つの候補生で自衛隊の新規採用の9割以上を占めているが、最近は応募者数自体が減少傾向にある。

 特に自衛官候補生の採用数は4年連続で計画を下回り、29年度の採用数は7513人で計画の約8割にとどまった。年齢の上限を引き上げることで、高校や大学を卒業後、一度は民間企業や公務員として就職した人材を取り込む狙いがある。

 防衛省は、自衛官候補生と一般曹候補生に加え、民間企業などに勤める「予備自衛官」と「即応予備自衛官」の採用年齢の上限もそれぞれ引き上げる方針だ。

 また、自衛官の確保を推進するため、31年度には10人規模の専門部署も設置する。募集に関する施策の立案や、地方自治体への募集依頼などで司令塔的な役割を担う。31年度予算に関連経費を計上する方向だ。

 防衛省が約30年ぶりに自衛官の採用年齢拡大に踏み切るのは「従来の延長線上の施策では必要な防衛態勢を維持できない」(幹部)という強い危機感の表れだ。最新鋭の装備をそろえたとしても「人」がいなければ国防は立ち行かない。今後少子化が進むのは確実で、自衛隊は北朝鮮や中国の脅威にも比肩する「静かな有事」に直面している。

 「59%…」。自民党国防族の一人は、採用に関する防衛省の内部資料をみて、こう絶句したという。29年度の海上自衛隊の自衛官候補生の採用数(男子)が、募集計画の59.9%にとどまっていたからだ。陸上自衛隊と航空自衛隊もそれぞれ約8割にすぎなかった。

 厳しい数字は、そのまま現場にも反映されている。海自の護衛艦任務では、定員に満たない人数で出航することが常態化している。本来は3班制でのローテーションを2班制で回すなど、隊員にかかる負荷は重い。海自では業務の効率化の推進などで現状をしのいでいるが、抜本的な解決には結びつかないのが実情だ。陸自や空自も同じ構図に頭を悩ませている。

 総務省などによると、自衛隊が採用対象としている18~26歳の人口は減少を続けており、50年度には6年度のピーク時から半減する見込みだ。最近の景気回復で民間企業に人材が流れていることもある。自衛官の採用が今後さらに厳しさを増すのは必至で、防衛省は今回の採用年齢の拡大に加え、定年延長や再任用の拡充、女性活用の推進などを断行する方針だ。

 地方自治体の姿勢も人材確保が困難な一因となっている。自衛隊法では、都道府県知事や各市町村長は、自衛官募集に関する事務に協力することが規定されている。これに基づき防衛省は募集対象者の氏名、生年月日、性別、住所の情報提供を依頼している。

 ただ、積極的に応じる自治体は全体の約3割にとどまる。背景には自衛隊への“アレルギー”や事務作業が増えることへの警戒感があるとみられる。防衛省は31年度に新設する人材確保の部署を中心に地方自治体へのアプローチ方法などを検討する。

 国防に加え、最近は西日本豪雨のように各地で起こる災害での自衛隊の重要性も高まっている。小野寺五典防衛相も7月27日に出演したインターネット番組「言論テレビ」でこう訴えた。

 「災害からも国を守る自衛隊員だ。国から委任する事務なので募集にもご協力いただきたい」(石鍋圭)

また、入隊時の体重についても緩和される予定です。BMIという数値が適当かどうかは別の議論で緩和されます。

自衛官採用、志願者の体重制限を緩和 BMI「28」→「30」 人材確保「急務」

防衛省は7日、自衛官の採用条件について、入隊志願者の体重制限を緩和する方針を固めた。現在は身長と体重から肥満度を算出するBMI(体格指数)で「28」程度を上限とするが、「30」程度まで入隊を認める。少子化などの影響で自衛官の確保が困難になっている状況を踏まえた措置で、採用時の体重制限が緩和されるのは初めて。

 自衛官の大半を占める任期制の自衛官候補生と、任期のない一般曹候補生の採用に適用する。すでに今夏の採用時から試行しており、効果を確認した上で関連規則を改正し、正式に導入する。

リンク切れの際はこちら
自衛官採用、志願者の体重制限を緩和 BMI「28」→「30」 人材確保「急務」

 防衛省は7日、自衛官の採用条件について、入隊志願者の体重制限を緩和する方針を固めた。現在は身長と体重から肥満度を算出するBMI(体格指数)で「28」程度を上限とするが、「30」程度まで入隊を認める。少子化などの影響で自衛官の確保が困難になっている状況を踏まえた措置で、採用時の体重制限が緩和されるのは初めて。

 自衛官の大半を占める任期制の自衛官候補生と、任期のない一般曹候補生の採用に適用する。すでに今夏の採用時から試行しており、効果を確認した上で関連規則を改正し、正式に導入する。

 自衛官の入隊志願者(男子)の合格基準は、身長155センチ以上で、体重は「身長と均衡を保っているもの」と定められている。従来はBMIで18~28程度を基準としてきたが、上限を30程度にまで引き上げる。

 現在の基準では、身長が170センチの志願者の場合は上限体重は81.5キロ(BMI28.2)となるが、87キロ(BMI30.1)程度まで入隊が可能となる。

 WHO(世界保健機関)は、BMIが18.5以上25未満を「正常」、25以上30未満を「前肥満」、30以上35未満を「肥満1度」としている。新たな入隊基準の導入で、肥満1度にかかる人材の入隊を認めることになる。

 防衛省幹部は「筋肉質で体重が多い志願者もいる。体重で一律に弾いてしまうのはもったいない」「少し太っていても入隊後に訓練し、入隊して規則正しい生活を送れば痩せる」などと説明する。

 自衛官の応募者数は近年、減少傾向が続く。特に自衛官候補生の採用数は4年連続で計画を下回り、平成29年度の採用数は計画の約8割にとどまった。防衛省は既に採用年齢の上限を26歳から32歳に引き上げるなど、人材確保に関する施策に注力している。

 防衛省幹部は「いくら最新鋭の装備をそろえたとしても、人がいなければ国防は成り立たない。人材確保は急務だ。こらからもあらゆる手を尽くす」と語る。

少子高齢化の波は民間も含めて大きな問題となっています。自衛隊もそれを含めたうえで対応しなければならない状況となりました。

自衛隊の採用方法

自衛隊の採用(自衛官の道)には
・防衛大学校
・一般の大学(又は大学院)から自衛隊に幹部候補性として入隊するコース(パイロット要員含む)
医者になる防衛医大
看護師になる防衛医科大看護学科
パイロットになる航空学生

などなど、多くの自衛隊の入隊の仕方があります。
自衛官として医者・看護師・パイロットになりますので、当然ながらそれらの資格を取得するのに費用を払う必要はありません。

自衛隊の入隊について

今年度については、拡大枠のうち「自衛官候補生」のみが募集中であります!

受験料は「無料」

ですので積極的に受験していただきたいと思います!

別リンクに自衛官候補生について書いています(詳しくはここをクリック

わたしも頑張ってます


自衛官募集相談員として自衛官募集をしています。お気軽に「ご本人」「お子様」「知り合い」なんでも相談して下さい。


予備自 1空尉に任命されました。頑張ります!!


自衛官募集につい、詳しくは上記バナーをクリック

ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを読み終わったら「ポチ」と投票で「大山たかお」を応援


↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑

友だち追加

@LINEやっています。ご登録よろしくお願いします。(「友だち追加」ボタンをクリック または QRコード読みとりよろしくお願いします。)

ツイッターもあります。画像をクリックしてください。


沖縄本島のみならず、日本全国へ配送中!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


電子版はこちら!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


保守活動を支える保守基金!!詳しくは上記をクリック↑↑↑↑↑↑↑↑

-国防, 自衛隊

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.