まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

北朝鮮 国防 政治活動

南北会談から見る元自衛官の妄想!その効果と波紋!

更新日:

 

はじめに

本日、南北首脳会談が行われました。何を話せれたかはわかりませんが、北朝鮮の今後の状況とその効果と波紋を考えたいと思います。

この会談については、日本としても望ましいものですし、様々の問題も平和解決することが望ましいと思います。

北朝鮮との統一があるのか、各国の思いを妄想しながら書いていきたいと思います。


ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを進む前に「ポチ」で「大山たかお」を応援


北朝鮮の南北会談

朝鮮半島南北会談が決まったと報じられたのは、今年の3月のことでした。

リンク切れの際はこちら
北と韓国、首脳会談開催で合意 4月末、板門店で 北朝鮮は「米国とも対話の用意」 2018.3.6 20:22

  【ソウル=桜井紀雄】韓国の文(ムン)在(ジェ)寅(イン)大統領の特使団として北朝鮮の平壌を6日まで訪れ、金(キム)正(ジョン)恩(ウン)朝鮮労働党委員長と5日に会談した大統領府の鄭(チョン)義(ウィ)溶(ヨン)国家安保室長は6日、帰還後にソウルで記者会見し、南北首脳会談を4月末に南北軍事境界線がある板門店で行うことで合意したと明らかにした。

 鄭氏によると、北朝鮮は、南北対話が続く限り、新たな核・ミサイル実験を行わないとも表明。非核化の意思も示し、南北は、軍事的緊張緩和のための首脳間のホットラインを設置することでも一致したという。北朝鮮は、米朝関係正常化のため、「米国との対話の用意がある」とも表明した。

 鄭氏らは、近く訪米し、トランプ政権に会談結果を説明する。ただ、金正恩政権がどこまで核・ミサイル開発を中止する意思を示したかは依然不明だ。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、金正恩氏と特使団との会談で、南北首脳会談をめぐって「文大統領の意志を伝え聞いて意見交換し、満足のいく合意を得た」と報じていた。金正恩氏は、これに関して担当部門に実務的措置を速やかに取るよう指示した。

 金正恩氏が最高指導者就任以来、韓国政府当局者と会談したのは初めて。報道は、非核化や米朝対話には触れなかった。

 韓国大統領府も6日、会談は、晩(ばん)餐(さん)会と合わせ4時間12分行われたと発表した。鄭氏をトップとする特使団は6日、1泊2日の日程を終え、特別機でソウルに帰還した。

 会談には、平昌五輪に派遣された金正恩氏の妹、金与(ヨ)正(ジョン)氏と金英(ヨン)哲(チョル)党副委員長が同席。晩餐会には、金正恩氏の李(リ)雪(ソル)主(ジュ)夫人も加わった。

 朝鮮中央通信によると、鄭氏が文氏の親書を手渡し、五輪への代表団などの派遣に謝意を伝えたのに対し、金正恩氏は「同族の慶事を共に喜び、助けることは当然だ」と応じ、南北和解や対話の「雰囲気を整える極めて重要な契機となった」と述べた。

 南北関係改善や朝鮮半島の平和と安定を保障する上での問題も「虚心坦(たん)懐(かい)」に話し合ったという。軍事的緊張を緩和し、南北間の多方面な対話や協力、交流を活性化していく問題でも「深みのある意見を交わした」としている。


そして会談となりました。

今後は、どのような会談が進むのかが非常に気になります。

リンク切れの際はこちら
韓国が発表した南北会談の主な日程 2018.4.26 12:09

 韓国大統領府が発表した27日の南北首脳会談の主な日程(いずれも日本時間同)は次の通り。

 午前9時半ごろ 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が板門店の軍事境界線で対面

 午前9時40分ごろ 板門店の韓国側施設「自由の家」と「平和の家」の間にある広場で儀仗隊を伴う歓迎式。金氏が平和の家1階で芳名録に署名し、文氏と記念撮影

 午前10時半 平和の家2階の会談場で首脳会談開始

 時間不明 それぞれ昼食と休息

 同 軍事境界線上で記念植樹、付近を散歩

 同 首脳会談再開

 同 合意文に署名、発表の予定。形式は未定

 午後6時半 平和の家3階で夕食会

 時間不明 歓送行事


リンク切れの際はこちら
手をつなぎ、北朝鮮側にも“越境” 初対面の金正恩氏と文在寅氏 2018.4.27 10:24

【高陽=桜井紀雄】27日午前、板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側施設「板門閣」から姿を見せた金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、北朝鮮側一行とゆっくり建物の階段を降り、南北軍事境界線に向かった。

 境界線を挟んで韓国側で待つ文在寅(ムン・ジェイン)大統領の姿を認めると、金委員長は、満面の笑みを浮かべた。両首脳は、軍事境界線を示す幅約50センチ、高さ約5センチのコンクリート製の縁石を挟んで右手でしっかりと握手し、初めての会話を交わした。

 午前9時29分、金委員長が縁石をまたいで韓国側に入った。南北分断後、北朝鮮の最高指導者が初めて韓国側に入った瞬間だった。

 ソウル郊外の高陽(コヤン)市に設置されたプレスセンターでは「おー」というどよめきとともに拍手がわき起こった。プレスセンターには内外の約1000人の記者らが入っている。

 文氏が歩き出そうと手を差し出したところ、金委員長も手を差し出し、言葉を交わすと、2人は手をつないで北朝鮮側に向かって縁石を越えた。韓国大統領が北朝鮮側に入るのも史上初めてだ。

 北朝鮮側への“越境”は金委員長が提案したとみられ、即興の判断を示し、リーダーシップを見せようとしたとも考えられる。


本会談がよき会談となることを祈っていました。

そして、共同声明の全文が出ました。

リンク切れの際はこちら
 1 南と北は、南北関係の全面的で画期的な改善と発展を実現することで、途絶えた民族の血脈をつなぎ、共同繁栄と自主統一の未来を早めていくだろう。

 南北関係を改善し発展させることは、全民族のいちずな願いであり、もはや先送りできない時代の切迫した要求だ。

 (1)南と北は、わが民族の運命はわれわれ自ら決定するという民族自主の原則を確認し、既に採択された南北宣言や全ての合意などを徹底的に履行することで、関係改善と発展の転換的局面を切り開いていくことにした。

 (2)南と北は、高官級会談をはじめとする各分野の対話と交渉を早期に開催し、首脳会談で合意した内容を実践するため、積極的な対策を立てていくことにした。

 (3)南と北は、当局間協議を緊密にし、民間交流と協力を円満に進めるため、双方の当局者が常駐する南北共同連絡事務所を開城地域に設置することにした。

 (4)南と北は、民族的和解と和合の雰囲気を高めていくため、各界各層の多方面の協力と交流、往来や接触を活性化することにした。

 対内的には、(2000年の南北共同宣言が発表された)6月15日をはじめ、南と北にともに意義がある日を契機に、当局と国会、政党、地方自治体、民間団体など、各界各層が参加する民族共同行事を積極的に推進し、和解と協力の雰囲気を高める。対外的には18年アジア大会をはじめとする国際競技に共同で出場し、民族の知恵と才能、団結した姿を全世界に誇示することにした。

 (5)南と北は、民族分断により発生した人道問題を至急解決するため努力し、南北赤十字会談を開催して離散家族・親戚再会をはじめとする諸問題を協議、解決していくことにした。

 差し当たって、今年8月15日を契機に離散家族・親戚の再会を行うことにした。

 (6)南と北は民族経済の均衡的な発展と、共同繁栄を成し遂げるため、(07年の南北首脳による)10月4日宣言で合意した事業を積極的に推進していき、一次的に東海線と京義線の鉄道と道路などを連結し、現代化し、活用するための実践的な対策を取っていくことにした。

 2 南と北は、朝鮮半島で先鋭化した軍事的緊張状態を緩和し、戦争の危険を実質的に解消するため共同で努力していくだろう。

 朝鮮半島の軍事的緊張状態を緩和し戦争の危険を解消することは、民族の運命と関連する非常に重大な問題であり、われわれ同胞の平和的で安定した生命を保証するための鍵となる問題だ。

 (1)南と北は、地上と海上、空中をはじめとするあらゆる空間で、軍事的緊張と衝突の根源となる相手に対する一切の敵対行為を全面的に中止することにした。

 差し当たって、5月1日から軍事境界線一帯で拡声器(宣伝)放送やビラ散布をはじめとするあらゆる敵対行為を中止し、その手段を撤廃し、今後非武装地帯を実質的な平和地帯としていくことにした。

 (2)南と北は、黄海の北方限界線一帯を平和水域とし、偶発的な軍事衝突を防止し、安全な漁業活動を保証するための実質的な対策を立てていくことにした。

 (3)南と北は、相互協力と交流、往来と接触が活性化することに伴うさまざまな軍事的保証対策を講じることにした。

 南と北は、双方間に提起される軍事的問題を遅滞なく協議、解決するため、国防相会談をはじめとする軍事当局者会談を頻繁に開催し、5月中にまず将官級軍事会談を開くことにした。

 3 南と北は、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制構築のため、積極的に協力していくだろう。

 朝鮮半島で非正常な現在の休戦状態を終わらせ、確固たる平和体制を樹立することは、もはや先送りできない歴史的課題だ。

 (1)南と北は、いかなる形態の武力も互いに使用しないという不可侵合意を再確認し、厳格に順守していくことにした。

 (2)南と北は、軍事的緊張が解消され、互いの軍事的信頼が実質的に構築されるのに伴い、段階的に軍縮を実現していくことにした。

 (3)南と北は、休戦協定締結65年となる今年、終戦を宣言し、休戦協定を平和協定に転換し、恒久的で強固な平和体制を構築するため、南北米3者、または南北米中4者会談の開催を積極的に推進していくことにした。

 (4)南と北は、完全な非核化を通して核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した。

韓国にも大勢いるとされる『拉致被害者』についての言及が無かった事は残念でありました。

元自衛官として気になるところは、以下の部分です

 南と北は、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制構築のため、積極的に協力していくだろう。

 朝鮮半島で非正常な現在の休戦状態を終わらせ、確固たる平和体制を樹立することは、もはや先送りできない歴史的課題だ。

 (1)南と北は、いかなる形態の武力も互いに使用しないという不可侵合意を再確認し、厳格に順守していくことにした。

 (2)南と北は、軍事的緊張が解消され、互いの軍事的信頼が実質的に構築されるのに伴い、段階的に軍縮を実現していくことにした。

 (3)南と北は、休戦協定締結65年となる今年、終戦を宣言し、休戦協定を平和協定に転換し、恒久的で強固な平和体制を構築するため、南北米3者、または南北米中4者会談の開催を積極的に推進していくことにした。

 (4)南と北は、完全な非核化を通して核のない朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した。

不可侵合意を再確認・・・南北統一とは書かれていないので、統一をすることは今の所ないのでしょう。
段階的に軍縮・・・段階的というところで、軍拡化を抑えるというイメージ
南北米中4者会談・・・このことにより、米中の意図として朝鮮半島が米中交渉の場所になっていることを示唆
共通の目標・・・「目標」という言葉を使用することで意味合い的には、やや弱い印象

しかしながら、和平には一歩進んだと思っていると思います。

完全妄想の各国の意図

北朝鮮

金一族の存続が目標。現在の米国については本当に攻撃をされる可能性が高く、北朝鮮(金一族)が滅ぶ可能性がある。

攻撃をされないためには、核放棄であるが、核放棄をしたら間違いなく米軍に攻撃をされ滅ぼされると感じている。

なんとか今時点で攻撃されないように先延ばしをしなければならない。

韓国

中国から「高高度ミサイル防衛システム(THAAD)」の配備等の関係により中国から経済制裁が思ったより厳しく、大統領支持率も低下しているため、早期の対処が必要。

しかしながら、アメリカの顔色も見なければならず難しい舵取り。


中国

アメリカの影響を低下させたい。

中国に対するアメリカの態度については、トランプ大統領は厳しいものがあり、北朝鮮を攻撃され南北朝鮮が統一された場合は「高高度ミサイル防衛システム(THAAD)」の配備が韓国及び北朝鮮に進んでしまうと、米国に対する抑止力が小さくなってしまう。

なんとかTHAADを配備させないようにさせたいし、在韓米軍も撤退させたい。

米国

中国の軍事的太平洋進出については、米国の脅威になるため抑えたい。

また、「高高度ミサイル防衛システム(THAAD)」を朝鮮半島に配備し、中国の弾道ミサイルを抑えたい気持ちもある。

南北朝鮮が統一した場合は、中国と国境が接するため北朝鮮を韓国主導で統一させ、在韓米軍が駐留するには米国に利がある。

また、ロシアの不凍港であるウラジオストックも射程の短いミサイルで射程に入る。

しかし、在韓米軍の残留・撤退は、朝鮮半島が中国の言いなりにならないように注意を必要とする。

北朝鮮が核を廃棄することはないのでなんとかしたい。

米国の脅威を排除しなければならない。

日本

極東アジアでの不安材料を減らしたい。
また、拉致被害者についても全員奪還を目指している。

拉致被害者全員奪還は米国が戦争を仕掛けた場合、一部の日本人しか救出で来ない可能性があるので平和的解決をしなければならない。

平和的解決になった場合は、米国から平和解決になった場合には、和平に関する事及び国民援助として、物品または資金の援助を依頼される可能性がある。

次回は、トランプ大統領と金委員長の会談がどのような形を結ぶかにかかっていると思います。拉致被害者奪還のために、行動してくれることを信じています。


ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを読み終わったら「ポチ」で「大山たかお」を応援



↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑

友だち追加

@LINEやっています。ご登録よろしくお願いします。(「友だち追加」ボタンをクリック または QRコード読みとりよろしくお願いします。)

ツイッターもあります。画像をクリックしてください。


沖縄本島のみならず、日本全国へ配送中!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック


電子版はこちら!!!!申し込みは↑↑↑↑↑↑クリック

-北朝鮮, 国防, 政治活動

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.