まずは応援クリックをお願いします!
大山たかおの発信力を上げて下さい!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

国防 政治活動 自衛隊 航空機関連

沖縄の危機!なぜ沖縄周辺で防衛整備が進むのか!!第7弾〜中国の海洋進出〜

更新日:

  

まだ続く、中国の海洋進出

シリーズ第7弾!

前回は日本のスクランブルの状況について書きました。

(前回ブログは、ここをクリック

下の写真のように、宮古海峡の往来の頻度が高くなってきています。

中国軍機だけかと思いきや、実は中国の軍艦も宮古海峡を通過しています。

航空自衛隊だけでなく、海上保安庁・海上自衛隊も「日本の平和と安全を守るため」に日夜頑張っています。

どのような軍用艦が宮古海峡を通過しているのか。確認していきたいと思います。


前回のブログはこちら、画像をクリック


ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを進む前に「ポチ」で「大山たかお」を応援


中国の現在の活動

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

4月2日に宮古島周辺をフリゲート艦が通過しました。

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

4月24日にも宮古島周辺をフリゲート艦が通過しました。

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

11月28日にも確認されました。

その間は報道発表はなかったと思いますが、おそらくこの間も中国の艦艇の動きはあったと思います。

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

そして12月にも、この画像がわかりやすいですが、中国軍艦の後方部分を見てください。

平らになっており、黄色のサークルが見えると思います。

ここは、ヘリコプターが発着艦する場所であります。

ヘリコプターは、ヘリスポット(黄色いサークル)の前の部分に格納されていると思われます。

下の図は、海上自衛隊の「さわゆき」の写真ですが、イメージとしてはこのようなものです。

(参照:海上自衛隊HP ここをクリック

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

ヘリコプターが格納できるということは、そこから急に離陸して領空侵犯をしたり島に上陸することが即座にできると判断しても良いと思います。

平成28年のことになりますが、非常に大きな規模で宮古海峡を通過しました。

通過した船団は次の通りです。

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

このように「遼寧(りょうねい)」と呼ばれる中国空母が通過しました。

よく質問を受けるのですが「空母」というものは、その存在だけで非常に脅威となります。
中国だから、ロシアからの払い下げだからではなく、日本にない装備品を中国は持っている事実を見ると決して見くびってはならないものだと思います。

※画像をクリックすると大きな画像で見ることができます

先ほど、ヘリコプターのことについて書きましたが、この時はヘリコプターが飛行し、非常に近い距離まで中国軍機が宮古島に接近しています。

まだ航行しているだけと言っても、その間に情報収拾をしたり中国としての権威を示していると看過することはできませんし、何より宮古島そして尖閣周辺も含めて漁業によって生計を立てている漁民の方にとっては、すでに問題であると思っています。

今日はここまで!

ブログむら・政治家(市区町村)1位へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログを読み終わったら「ポチ」と投票で「大山たかお」を応援


大山たかおの政治活動は皆様のご厚志によって支えられています
政治とオカネについて〜議員になってわかったこと〜


拉致被害者を全員返せ!〜あなたの意思表示が政治を動かせます!

↑↑ブルーリボンバッチの購入はこちらから↑↑


大山たかお公式LINE@
友だち追加
「友だち追加」をタップorクリックで登録をお願いします。


保守活動を支える『保守基金』

 

-国防, 政治活動, 自衛隊, 航空機関連

Copyright© 那覇市市議会議員 大山たかお , 2019 All Rights Reserved.